ブルダック

ヘクブルダックポックンミョンの意味を韓国語の先生に聞いてみたよ

2018年4月14日

韓国のヘクプルタックポックンミョンを日本語に訳すとどういう意味か知っていますか?

日本では「ブルダック炒め麺」と呼ばれて有名になっている同シリーズですが、商品名の実際の意味について韓国人の方に聞いてみました。

はじめに

今回お話しを伺ったのは、日本で学生や社会人向けに韓国語を教えている韓国人の先生(女性)です。

先生は日本人の旦那さんと結婚され、韓国へ帰る機会は少ないそうです。そのため、最近の韓国の若者文化にはあまり詳しくないとのことでしたが、ブルダック麺についてはご存知でした。

ブルダックポックンミョンの意味


まず、「ブルダックポックンミョン」の意味について尋ねました。

ブルダックポックンミョンは「辛い鶏肉の焼きそば」という意味だそうです。

ブルダックのインスタント麺には実際に鶏肉が入っているわけではありませんが、鶏肉風味ということなのでしょう。

詳しい解説

ブルダックポックンミョンをハングルで書くと「불닭볶음면」です。

「불」はブル/プルと読み、「火」という意味です。ここでいう「火」は、"辛い"という意味で、英語で辛い食べ物を「Fire」で表現するのに似ていますね。口の中で火が燃えているように辛いというイメージ。

「닭」はタック/ダックと読み、「鶏」の意味。ここでは鶏肉のことです。

「볶음면」はポックンミョンと読み、「炒めた麺」すなわち「焼きそば」のこと。日本では「炒め麺」という呼び方で呼ばれることが多いですね。

ブルダックは伝統料理ではないらしい

もともと韓国料理にはダックポックン料理(鶏肉炒め料理)というものがありました。

しかし、数年前から「ブル」を付けたブルダックというかなり激辛の鶏肉料理が若者を中心に大ブレイクし、今や韓国のどこででも食べられるポピュラーな食べ物になったそうです。ちなみにブルダックは韓国人の中でも辛くて食べられないという人がいるほど辛い料理だそうです。


引用元: ブルダック - WOW新大久保

ですので、ブルダックは韓国の伝統的な家庭料理ではないのです。韓国でも辛いもの好きが食べる料理という感じ。

普通のダックポックン料理でも辛いのに「ブル」がついたことで「"もっと"辛い鶏肉炒め」というニュアンスとのこと。

ヘクブルダックの「ヘク」は若者ことば


つづいて、「ヘクブルダック」について聞いてみました。

ヘクブルダックの「핵」はヘクと読み、意味はなんと「核」。「核爆弾」のことです。

キャラクターのトリさん(ホチ)が爆弾を持っていますが、これは「核爆弾」なんですね。

ただし、「核」のここでの意味は"強調"。

ブルダックポックンミョンが「"もっと"辛い鶏肉炒め麺」なら、ヘクブルダックポックンミョンは「"もっともっと"辛い鶏肉炒め麺」という感じで辛さを強調しているとのこと。

日本語で言うと、"辛い"ことを強調して「激辛」や「超激辛」、「爆辛」みたいに表現するようなイメージ。(「爆辛」はあまり使いませんけどニュアンス的には近いかなと思います)

「ヘクブルダック」という言葉自体は現代の若者や企業が勝手に作った言葉なので、普通の韓国語辞書で調べてもなかなか載っていないです。あくまで商品名だと考えた方がよさそう。

さいごに

今回は、ヘクブルダックポックンミョンのことばの意味についてご紹介しました。

ヘクは核爆弾だったというのは衝撃ですね。食べてみればわかりますが、実際それくらいの威力がありますもんね。核爆弾なんて言われたら、食べるのが怖くなりそう。

  • この記事を書いた人

ニィ

辛いの苦手だけど韓国食品にハマり中。ブルダックをよく食べてます。

-ブルダック
-, ,

© 2021 おうちで韓国